水ようかん夜空

七夕といえば、そう、天の川。こしあんと錦玉かんでつくる3層の水ようかんの夜空に、アラザンで美しい天の川を架けてみませんか?どこか優しい味のする水ようかんは、涼しげな七夕デザートにぴったりの一品ですよ!

​※注意

・やけどをした場合は、すぐに冷水で冷やしてください

・包丁で指を切った場合は、水道水で流血部を洗い、止血をしてください

​※調理時間・・・90分(冷やす時間を含む)

​《材料》1人分

〈水ようかん〉 

・水:60ml 

・粉末寒天:小さじ1/4 

・こしあん:70g 

・上白糖:10g 

・塩:少々 

〈錦玉かん〉 

・水:160ml 

・粉寒天:小さじ1/3 

・上白糖:50g 

・水飴:12g 

・天然食用色素(青色)(*seriaなどの100均で購入):少々 

〈飾り〉 

・アラザン:適量 

​《作り方》

​準備・・・予め使う材料は、はかりや計量スプーンで計って用意しておく

①水ようかんを作る

1.鍋に水と粉寒天を入れ、中火にかけ沸騰したら弱火で2分間煮詰める

☆コツ☆

あまり沸騰させすぎると水分が蒸発してしまうので、一度沸騰したらすぐに弱火にしてください

2.火を止めて、こしあん、上白糖、塩を入れてゴムべらなどで良くかき混ぜる

3.再び火にかけ、焦げないように混ぜながら沸騰させる

4.温かいうちに器に流し、そのまま常温において固める(30分程度)

☆コツ☆

室内が暑い場合はうまく固まらないので、冷蔵庫で冷やしてください

②錦玉かんを作る​

5.鍋に水と粉末寒天を入れ、沸騰させる

☆コツ☆

あまり沸騰させすぎると水分が蒸発してしまうので、一度沸騰したらすぐに6の材料を投入してください

6.上白糖、水飴をいれ、ゴムべらで混ぜて溶かし、再び沸騰させる

☆コツ☆

水飴は計量する際、耐熱器に取ると、鍋に投入した後の器に温めた錦玉かんの液体を入れることで、水飴が綺麗にとれます

7.6の1/3の量をボウルにとりわけ、少量の色素を加え、温かいうちに水ようかんの上に流す

☆コツ☆

青の色素は入れすぎると黒っぽくなるため、「少ないかな」と思うくらいの少量で大丈夫です

8.常温で20分くらいたって7が固まり始めたら、残りの透明な錦玉かんの液体をスプーンなどで静かに流す

☆コツ☆

室内が暑い場合はうまく固まらないので、冷蔵庫で冷やしましょう

もし残りの錦玉かんが時間経過後に固まってしまっていたら、もう一度火にかけてください

9.冷蔵庫に入れて、1時間くらい固める

​③飾り付け

10.表面が十分に固まったら、アラザンを天の川の形に散らす

☆コツ☆

表面がちゃんと固まっていないとアラザンが沈んでしまうので、しっかり表面を固めましょう

11.完成(↓断面図)

​《Q&A》

Q1 .こしあんがない場合、粒あんで代用できますか?

A1. 粒あんだと、粒による凹凸ができてしまい、綺麗な層を作ることは難しいので、なるべくこしあんを使った方が良いですね

Q2. アラザンを層と層の間に入れた方が遠近感があって綺麗だと思うのですが…

A2. アラザンの上に温かい液体がのってしまうと、アラザンの表面にコーティングされた色素が浮いてきてしまい、見栄えが悪くなるのでおすすめしません…!

​《まとめ》

3色の夜空にうまく天の川は架けられたでしょうか?横から見ても上から見ても幻想的なビジュアルの水ようかんは、インスタグラムにのせるとみんなからの注目間違いなしです!また、デコレーションはアラザンの他に金箔を用いることが出来るので、是非チャレンジしてみてくださいね。もし、この水ようかんを作って寒天粉が余ったら、是非「爽快感満載そうめん」も作ってみて下さい!

#七夕#和風スイーツ#水ようかん#天の川#3層#インスタ映え#あんこ#寒天#涼しげ

#甘党集まれ#緑茶に合う

赤ワインベースの織姫カクテルと白ワインベースの彦星カクテルによる七夕オリジナルカクテルです。2種類の味を楽しむことができ、1人でも2人でも楽しめます!オンライン飲み会にも是非どうぞ!