たこ焼き

 
 

​1.検証ポイント

<おすすめランキング> 
 たこ焼きの新たな可能性を発見!次のタコパで試してほしい!!
<ワーストランキング>

 美味しさは保証できない...でも、ロシアンルーレットを切り口に試してみよう。
​             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
① おいしさ 

単純においしいかどうかを評価。
② 入手しやすさ
わざわざ買い物に行くのはめんどくさい。家に常備してあるものでできたらラクチン。
③ 変わり種 
このサイトにしかないであろうレア食材を使ったたこ焼きをぜひ楽しんでほしい。

 

 

​2.おすすめランキング

第1位 豆腐

①おいしさ    ★★★★☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★★★★★

豆腐.jpg

もともと豆腐の風味が良いため、たこ焼きの具材となるとさらにいい感じになる。ちなみにこちらの豆腐は、王子公園商店街の佐藤豆腐店で購入。佐藤豆腐店に行くのが難しい場合は、絹ごし豆腐ではなく木綿豆腐でぜひ試してみよう!

 

第2位 ピーナッツバター

①おいしさ    ★★★★☆

②入手しやすさ  ★★☆☆☆

③変わり種    ★★★★★

ピーナッツ.jpg

ピーナツバターといえばトーストに塗るものと思いがちだが、たこやきにも意外と合う!ピーナッツの香りと甘さがいい感じになる。

 
みそ.jpg

第3位 味噌田楽

①おいしさ    ★★★★☆

②入手しやすさ  ★★★☆☆

③変わり種    ★★★★☆

日本の食卓に欠かせない味噌。お味噌汁だけでなく、いろんな食材と合わせやすい調味料であり、たこ焼きにおいても例外ではなかった!味噌の味がしっかりついていて美味しい。ただ、焼く際に味噌が焦げて、見た目が黒くなってしまうのに注意!

 
カレー.jpg

第4位 キーマカレー

①おいしさ    ★★★★★

②入手しやすさ  ★★☆☆☆

③変わり種    ★★★☆☆

前日の夕飯のカレーが余ってしまった。そのままカレーを食べるのもいいが、たこ焼きに入れてひと工夫。一個食べるだけで満足できる。姿を変えて、またまた夕飯にもなれる、想像通り、安定のおいしさ。

 
うずら.jpg

第5位 うずらの卵

①おいしさ    ★★★★★

②入手しやすさ  ★★★☆☆

③変わり種    ★★☆☆☆

うずらの卵をたこやきの中に入れるという発想はなかなかないのでは?元々たこ焼きの生地にも卵が入っているためこれが合う。サイズ感もいい。焼くときは、たこやき器に生地を多めに流し込んで、卵をしっかり中に閉じ込めてあげよう。

 
 

​3.ワーストランキング

第1位 グミ

①おいしさ    ★☆☆☆☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★★☆☆☆

グミのサイズ感としてはたこ焼きにぴったり。ただ、食べたときに口の中にグミとたこ焼きの生地が別々に存在する。本能的に(?)口の中でその2つを混ぜようとする気にはならないようだ。おまけにグミが生温くなって不味くなってしまう。

ぐみ.jpg
 

第2位 梅干し

①おいしさ    ★★☆☆☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★★☆☆☆

梅干しが酸っぱい!残念ながら、その酸味がたこ焼きにおいていいアクセントとなることはなかった。やはり梅干しはご飯に合わせるものであり、無理矢理たこ焼きの中に入れるものではないようだ。

梅干し.jpg
 

第3位 マシュマロ

①おいしさ    ★★★☆☆

②入手しやすさ  ★★★☆☆

③変わり種    ★★★☆☆

マシュマロはこんがりと焼くと美味しいが、たこやきの具材としてはイマイチ。甘いけれどマシュマロの味はしないので、ただただ残念。焼くときには、マシュマロが溶けてたこ焼きの生地と一体化する。おまけにグツグツと暴れて他のたこ焼きにも迷惑をかける厄介もの。

マシュマロ.jpg
 

第4位 納豆

①おいしさ    ★★★☆☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★★★☆☆

ご飯に良く合う納豆を、納豆の中に入れてみた!焼くときには納豆のたれが焦げてしまい、それが悪い苦みになってしまう。しかし納豆が美味しいとまだ食べれると言ったところだろうか。特に試す必要もないだろう。

納豆.jpg
 

第5位 米

たこ焼きをおかずにしてご飯と一緒に食べることはないので、たこ焼きの中にお米を入れても特にいいことはない。わざわざいれる必要はない、しかしまずくなるわけでもない。ソースをかけるとそのままソースの味がしただけである。

お米.jpg

①おいしさ    ★★★☆☆

②入手しやすさ  ★★★★★

③変わり種    ★★★☆☆

 

​4.その他検証したもの

 

No.1 パイナップル

暑い夏にぴったりのトロピカルフルーツで、冷たいままでも温めても美味しいパイナップル。ピザの上に乗っていると美味しいのに、たこ焼きの中に入れると期待したほどでなかった。ただ全体的な評価は高めである。変わり種なので、気になった方は試してみるのもあり!

パイナップル.jpg

①おいしさ    ★★★★☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★★★★☆

No.2 ふりかけ

ふりかけを生地の中に入れ、さらに出来上がった後のたこ焼きの上からもふりかけると見た目も良い!ふりかけなら冷蔵庫の中に常備している方も多いのでは。なかなかふりかけをたこ焼きの具材とする発想はないが、手も汚さずに入れられるし、ふりかけのうま味成分もいい感じでおすすめ。

ふりかけ.jpg

①おいしさ    ★★★★☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★★★★☆

No.3 チョコ

チョコは甘いためお菓子としてのイメージが強いが、意外にもたこ焼きの生地と相性が良い。味の保証ができるためおいしさ星5。ちなみに今回使用したチョコは、神戸岡本発祥モンロワールのリーフメモリー。もちろん単体で食べてもいいが、サイズ感も良いので好きなだけたこ焼きの中にも入れて楽しもう。

チョコ.jpg

①おいしさ    ★★★★★

②入手しやすさ  ★★★★★

③変わり種    ★☆☆☆☆

No.4 ツナ

​サラダやサンドウィッチなど様々な具材として使えるツナ。ツナの油がかなりいい味を出している。焦げやすいこともなく、たこ焼きづくりが苦手な人も上手く作れそう。家にツナ缶があることも多いと思うので、とりあえずいれてみてほしい。

ツナ_edited.jpg

①おいしさ    ★★★★☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★☆☆☆☆

No.5 キムチ

火を加えてもキムチのシャキシャキ感が残っている。キムチの風味も強いのでソースなどはなくても食べられるおいしさ。かなり匂いはきつめだが、キムチ好きにはもってこいの食べ方。家の冷蔵庫にある人は挑戦してみてもいいのでは…?

キムチ_edited.jpg

①おいしさ    ★★★☆☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★★☆☆☆

No.6 プリン

①おいしさ    ★★☆☆☆

②入手しやすさ  ★★★☆☆

③変わり種    ★★★★★

プリン.jpg

プリンを入れるという発想はなかなかないので面白い。プリンの風味とたこ焼きの生地の味があまりあってないのが残念。プリンが溶けだして、たこ焼きを作りにくかったのに加えて、カラメルが周囲で焦げて口に入れた瞬間は苦みを感じた。特別オススメはしない。

No.7 トマト

①おいしさ    ★★★☆☆

②入手しやすさ  ★★★★☆

③変わり種    ★★☆☆☆

トマトのサイズ感とたこやきのサイズが同じくらいでちょうどよい。トマトが生地からはみ出してしまいがちだがそれはそれでかわいい。中にしっかり入れたい人は、たこ焼きを回しながら少しずつ足すとよい。味はイタリアン風でチーズを加えてもおいしそう。

トマト.jpg

No.8 ゆずジャム

①おいしさ    ★★★☆☆

②入手しやすさ  ★★★☆☆

③変わり種    ★★★★☆

ゆずジャムとたこ焼きの組み合わせが思ったよりもおいしい。ジャムが周りにも広がり、焦げることにも繋がってしまったのが難点。周囲のたこ焼きの味にも影響を与えそうなので、つくるなら終盤がおすすめ。ゆずジャムに限らず他のジャムも試してほしい。

ゆずジャム.jpg

No.9 コーン

①おいしさ    ★★★☆☆

②入手しやすさ  ★★★☆☆

③変わり種    ★☆☆☆☆

​コーンは味もシンプル、サイズも小粒でたこ焼きの具材にちょうど良い。上にかけるものを工夫するとさらに様々な味を楽しめそう。生地にバターを混ぜて醤油をかけたらバター醤油風味。ケチャップやたこ焼きソースも相性ばっちりなのでは?

コーン.jpg

No.10 枝豆

枝豆自身の味はあまり強くない。おやつにもいいかも。サイズ感もちょうどよい。枝豆が余った時も、おつまみとして食べれるのが良い。さらに他のたこ焼きを焼いている間の待ち時間に食べても良し。たこ焼きに入れても良し。とお得が盛りだくさんの具材。

①おいしさ    ★★★☆☆

②入手しやすさ  ★★★☆☆

③変わり種    ★★★☆☆

枝豆.jpg

No.11 あずき

おいしいと感じるかに個人差が大きい食材であった。写真から見たらわかる通り、少し焦げやすいので焼くスキルが必要。サイズが小さめなので、入れる量の調節はしやすい。残念ながら、たこ焼きの生地より圧倒的にたい焼きの生地に合う。

あずき.jpg

①おいしさ    ★★☆☆☆

②入手しやすさ  ★★★☆☆

③変わり種    ★★★★☆

No.12 アーモンド

​生地もアーモンドも味が薄めなのでインパクトが少ない。チョコソースやキャラメルソース、はちみつなどの甘いソースをかけたらおいしさ倍増するかも。家に常備している人は少ないと思うが、バレンタインで余ったアーモンドをたこ焼きに活用してみてはいかが?

①おいしさ    ★★☆☆☆

②入手しやすさ  ★★☆☆☆

③変わり種    ★★☆☆☆

アーモンド.jpg

No.13 コロッケ

コロッケという既製食品を具材にするという斬新なアイデアは大成功した。もちろんコロッケだけでもおいしいが、たこ焼きに入れてもとてもおいしく、おかわりが欲しくなる。前日の晩御飯の残りのコロッケを味変するのに良い食べ方だと思う。

①おいしさ    ★★★★★

②入手しやすさ  ★★☆☆☆

③変わり種    ★★★★☆

コロッケ.jpg

No.14 ホルモン

​ひたすらおいしい。お酒との相性も良さげなので、大人におすすめ。ホルモンに限らず、肉類はたこ焼きの具材としてはかなり強い。ホルモンは念のため事前に火を通したが、薄めのお肉なら直接入れても大丈夫なので、手間が省ける。

ホルモン.jpg

①おいしさ    ★★★★★

②入手しやすさ  ★★☆☆☆

③変わり種    ★★★★☆

No.15 バナナ

​ほんのり甘いくらいで、バナナの味をあまり感じなかった。残念なことに特別面白さもない。バナナに合うようにチョコソースを一緒にかけたが、デザート系のたこ焼きとしては他の物の方がオススメ。単品バナナの方がおいしいが、家にある人は多いと思うので、試してみたい人はぜひ。

①おいしさ    ★★☆☆☆

②入手しやすさ  ★★★★★

③変わり種    ★★★☆☆

バナナ.jpg

​5.まとめ

 

ご紹介した全25種類の具材はいかがでしたか?

手軽にできるたこ焼きはいろんな種類を試したいですよね。

そんなときはこのサイトを見返してみてください。

さて、ご飯のあとはもちろんデザート!!

​次は、かき氷をチェック〆